かるた大会

12月3日

          育つ、育てる       2020年12月3日

                                  マリア幼稚園

  今年もクリスマスの季節がやってきました。いつもでしたらお祝い一色に染まるこの時期も、今年はいつもと違って、コロナの感染予防対策や、感染による日本だけではなく世界全体の状況の悪化など、様々な要因が重なってどうしても不安な気持ちを拭うことが出来ないのではないかと思います。そんな中、子どもたちの姿は、大きな救いになります。聖劇(新約聖書に基づきイエスさまのご誕生を表す劇)の練習をしている子どもたちの姿を観ると一人ひとり真剣にそして、楽しそうに、考えながら活動しています。その姿に神様が一人ひとりに呼びかけられていらっしゃる救いを感じます。Aさんだけではありません。Bさん、Cさん、Dさんも劇の姿だけでなく、生活全てに生きる恵や、力、喜び、感謝を感じます。「一人ひとり生まれて来てくれてありがとう。出会えてありがとう。」そんな気持ちが心から湧いてきます。子どもたちから生きる希望と勇気をもらいます。                                         さて、クリスマス(キリスト誕生のミサ)は、キリストの誕生をお祝いする日です。救い主キリストは、神の御子と呼ばれ、弱さを持った人間を救うために遣わされた神さまからの特別なプレゼントでした。                                       同時に子どもたちも、そして大人である私たちもまた、一人ひとり大切な神さまからのプレゼントです。神さまからの贈り物である私たちが、互いに相手を大切に思い、親切にすることは何より人間の美しい姿であり、神さまがお喜びになる事ではないかと思います。            その思いを形にしたのが、「心の花束」と「がまんの献金」です。              社会で忘れられている人々、貧困、内戦、病気で苦しんでいる人々へ、皆様からのプレゼントを送らせて頂きます。ご協力に感謝申し上げます。                       クリスマス会も子どもたちは精一杯頑張ると思います。緊張したり、恥ずかしがったり、逆にテンションが上がったりといつもと違った姿があるかもしれませんが、子どもの心に寄り添ってご観覧頂ければ幸いです。           感謝と祈りの内に

                                ( 園長 森 円 )

クリスマス会

りんご狩り遠足

10月17日

     育つ、育てる                                     2020.10.17

                                     マリア幼稚園

先日の運動会では、様々な制限があったにも関わらず、皆様には、大変ご協力を頂きスムーズに会を運ぶことが出来ましたこと、心より御礼を申し上げます。

子どもたちの頑張る姿を観て頂けて、私たちも大変嬉しく思いました。

さて、今回の運動会をご覧になって、子どもたちの成長をどのように感じられたでしょうか。私たちから観た運動会のシーンの中で、子どもたちの成長を感じる時を、少し挙げてみました。

1 かけっこのトラックラインから線の中に入らずに走れたこと。

  通常は、トラックのコーナーに大人が座って、子どもたちがラインから入らないようにしていますが、子どもたちは強い心で約束を守って走っているということです。これは自律(自分を律する心)の育ちの表れですね。

2 入退場では、先生の誘導が無くても自分たちで出入りする様子が随所に見られたと思います。これも自分たちで考えて行動できる子どもたちの自信の表れです。

3 AさんやBさんの体操や演技の入場後、縦の列と横の列をよく見てみんながきれいに並んでいた姿をご覧になったと思います。Cさんの体操(自由隊形)でも同様のことが言えます。誰に言われなくても他のお友だちを見て自分で感覚がとれることは個々の感覚が育っていることと、心が自立していることの表れです。

4 園児席での子どもたちの姿も感動します。演技をしている子どもたちの姿を見て手拍子をしたり応援したりとお友だちのことを考えて思いやって心がひとつになっていました。

5 競技によって並ぶ順番が違うので、自分で考えて並んでいる姿がありました。

他にも相手や周りの動きを見ながら、自分のタイミングを計っているところや、お友だちの為に配慮している姿等、随所にみられ心の成長を感じます。

 運動会後は、運動会で行った様々な体操を、部分的ですが、学年に関係なく自由に出来る時間を作っています。

 例えば、B,C,Dさんがパラウエーブをしたり、Aさんがフープ、フラッグ体操をしたりなどです。特にC,Dさんは憧れのAさん、Bさんがしていた体操が出来るとあって、待ってました!とばかりに跳んでやって来ます。

先生に教えてもらいながら、出来るところまで曲に合わせて体操しています。パラウエーブは、Aさんに教えてもらいながら出来るようになったC,Dさんもいます。

 また、縄跳びも運動会後も続けて頑張っている子どもたちや、次の段階に挑戦している子どもたちもいます。

 運動会は一年間の心と体の成長を見て頂く大切な機会です。

これからの一年間も子どもたちはそれぞれの歩みを日々積み重ねていくことと思います。

 一人一人、みんな違います。子どもたちの違いの良さ、持ち味が充分生かされるよう、私たちも子どもから発見し、子どもの姿から学んで励んでいきたいと思います。

                                 (園長  森  円)

10月17日

               育つ、育てる                                     2020.10.17

                                     マリア幼稚園

先日の運動会では、様々な制限があったにも関わらず、皆様には、大変ご協力を頂きスムーズに会を運ぶことが出来ましたこと、心より御礼を申し上げます。

子どもたちの頑張る姿を観て頂けて、私たちも大変嬉しく思いました。

さて、今回の運動会をご覧になって、子どもたちの成長をどのように感じられたでしょうか。私たちから観た運動会のシーンの中で、子どもたちの成長を感じる時を、少し挙げてみました。

1 かけっこのトラックラインから線の中に入らずに走れたこと。

  通常は、トラックのコーナーに大人が座って、子どもたちがラインから入らないようにしていますが、子どもたちは強い心で約束を守って走っているということです。これは自律(自分を律する心)の育ちの表れですね。

2 入退場では、先生の誘導が無くても自分たちで出入りする様子が随所に見られたと思います。これも自分たちで考えて行動できる子どもたちの自信の表れです。

3 AさんやBさんの体操や演技の入場後、縦の列と横の列をよく見てみんながきれいに並んでいた姿をご覧になったと思います。Cさんの体操(自由隊形)でも同様のことが言えます。誰に言われなくても他のお友だちを見て自分で感覚がとれることは個々の感覚が育っていることと、心が自立していることの表れです。

4 園児席での子どもたちの姿も感動します。演技をしている子どもたちの姿を見て手拍子をしたり応援したりとお友だちのことを考えて思いやって心がひとつになっていました。

5 競技によって並ぶ順番が違うので、自分で考えて並んでいる姿がありました。

他にも相手や周りの動きを見ながら、自分のタイミングを計っているところや、お友だちの為に配慮している姿等、随所にみられ心の成長を感じます。

 運動会後は、運動会で行った様々な体操を、部分的ですが、学年に関係なく自由に出来る時間を作っています。

 例えば、B,C,Dさんがパラウエーブをしたり、Aさんがフープ、フラッグ体操をしたりなどです。特にC,Dさんは憧れのAさん、Bさんがしていた体操が出来るとあって、待ってました!とばかりに跳んでやって来ます。

先生に教えてもらいながら、出来るところまで曲に合わせて体操しています。パラウエーブは、Aさんに教えてもらいながら出来るようになったC,Dさんもいます。

 また、縄跳びも運動会後も続けて頑張っている子どもたちや、次の段階に挑戦している子どもたちもいます。

 運動会は一年間の心と体の成長を見て頂く大切な機会です。

これからの一年間も子どもたちはそれぞれの歩みを日々積み重ねていくことと思います。

 一人一人、みんな違います。子どもたちの違いの良さ、持ち味が充分生かされるよう、私たちも子どもから発見し、子どもの姿から学んで励んでいきたいと思います。

                            (園長  森  円)

芋ほり(A組・B組)

 

動物園遠足(B組)

育つ、育てる

長い夏休みも終わり、今日から2学期になりました。

ご家庭では、どのような夏休みをお過ごしになられたでしょうか。

今年はいつもと違って、お家の中や近隣の海や山など、近い距離で過ごされることが多かったのではないかと思いますが、久しぶりに見る子どもたちは、身長も伸び、顔つきも、少しお兄さんやお姉さんになったように思います。

A,B組さんは「がんばりカード」がありましたが、お家でどのくらい頑張れたでしょうか?夏休みの体力作りは運動会だけでなく、様々な行事の土台になります。夏休みが終わっても引き続き継続して頂けると嬉しいですね。どんな行事もその時に特別頑張って出来るものではなく、普段の生活の積み重ねだと思います。

また、ご家庭でのお手伝いによって指先がよく使えるようになったり、工夫が出来たり、先を見通す力が出来たりと、体幹が出来るだけでなく思考性も育ちます。同時に、周りから認めてもらって継続することで、自己肯定感も育ち、お子様の心の力になると思います。

ちなみに、夏季保育では先生に頼らず、一人で荷物の片付けを頑張っている子どもたちの姿や、お仕事に向かう姿がありました。

2学期の行事も例年のような形態は難しい状況ですが、それでも運動会、遠足、七五三、クリスマス会など、様々な行事を体験出来ればと願っています。変更も多く皆様には大変ご迷惑をお掛けすると思いますが、ご理解の程、お願い申し上げます。

今学期も子どもたちと共に、職員一同頑張りたいと思います。

宜しくお願い申し上げます。           祈りの内に (園長 森 円)

特別保育(A)